世界は悪意に満ちている
nippon2050.exblog.jp
Top
TOM☆CATって知ってる?
2010年 08月 13日 |
懐かしいなぁ

wikより
TOM★CAT(トム・キャット)は、1980年代に活動した日本のバンド。




君たちが大きくなったらやっぱり
僕らを恨むだろうか
非力な僕らと同じように君も戦うのだろうか

ああ信じよう 力及ばずに僕らが倒れたとしても
やがてやってくる君らの時代の確かな礎になろう



画像見ても判る通り音楽業界はこの頃もアレなわけだけど
TOMさんは戦ってくれていたのかもしれないね。

ベスト版を持っていて収録されていたアルバムの中で
独特のメロディーと歌詞のこの歌が
私は大好きですごくよく聞いた一曲なわけだけど
当時は子供でうすらぼんやりと大人も苦悩してるんだなぁくらいにしか
理解していなかったんだよね。

大人になって今更ながらに色々と勉強をして理解し始めている今
この曲はとても重い曲なのが判る。

君も僕もFENCEの中、ここから脱出しなければFENCEはやがてになる。
今の私の戦いが力及ばずに倒れたとしても、君達の礎として残りますように。

君達に戦えるだけの知識と能力と精神を残せますように。






【fence】

眠たげな午後とバス停のベンチ
陽の当たる暖かな場所
君たちが走る向かいのグランド
さっきから見つめたまま

胸が痛くなる すべてが楽しくて 
はしゃぎすぎた追憶の日々 
君たちを待ってる 未来の姿をほんの少しだけ知ってる

Oh kids in fence glory for you 君はフェンスの中
Oh kids in fence glory for you 僕もまたそこにいる

君たちが大きくなったらやっぱり
僕らを恨むだろうか
非力な僕らと同じように君も戦うのだろうか

ああ信じよう 力及ばずに僕らが倒れたとしても
やがてやってくる君らの時代の確かな礎になろう

Oh kids in fence glory for you 君はフェンスの中
Oh kids in fence glory for you 僕もまたそこにいる
Oh kids in fence glory for you 黙の子供たち
Oh kids in fence glory for you 僕もまたそこにいる



ひとりぼっちの反乱軍

[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
<< ちょっと遅れですが ページトップ 2050だってさ >>
The Original by Sun&Moon