世界は悪意に満ちている
nippon2050.exblog.jp
Top
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
|
2011年 01月 31日 |
http://ameblo.jp/yassk/ さんより転載しまっす。

911テロ自作自演を扱った映画「ZERO」の

日本語字幕版がYoutubeにあります




是非是非是非ご覧ください


皆の力を合わせて日本国民全員に観てもらおう 

 無断転載、拡散希望

ブログやツイッターやミクシイや2ちゃんねるなど

あらゆる手段で拡散しよう

連続再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=14784B044B9BEFBD


ZERO 9/11の調査報告 1/9 日本語字幕版

http://www.youtube.com/watch?v=8AYb77_2Tk8&p=14784B044B9BEFBD

映画で観たい方はこちらへ
http://zero.9-11.jp/


----------転載終了----------


是非ご覧ください。
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
by nihon2050 | 2011-01-31 00:02 | 雑記 |
2011年 01月 27日 |
俺達の産経より
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110127/bdy11012707330017-n1.htm

インフルのワクチン接種 医師の8割「自身も必要」

医師自身がインフルエンザワクチンの接種をすべきだと考える割合は8割程度であることが、


中略


また、残りの2割の中には「流行を抑えるとは思えない」と有効性を疑問視したり、
アレルギーや副作用を懸念したりする声もあった。


----------抜粋終了----------

2割は声を上げてくれる医者がいる事に感謝。
自分も打つとか言う医者は、ちゃんと勉強しているんだろうかね。

あと、特に気になった部分を抜粋。

「全員が予防しなければ意味がない」などの声が多く、(接種を)受けないと電子カルテにログインできない病院もあった。

すごいね、ワクチン接種しばり。
いずれ予防接種してないと学校にも入学できなくなるとかって聞いて
義務教育でそれはないだろうw
って思ってたりもしたけどこういうの見ると、ありえるかもしれないなんて思えてくる。


さて、、、
予防接種してもかかる人って絶対いると思うんだけど
【全員が予防しないと意味がない】って言う先生方はこの部分については
どのような見解をお持ちなのだろうか。
まさか予防接種しないよりマシなんて言葉で片付けないよね?

【全員が予防しなければ意味がない】は完全に予防ができてから言える言葉なんじゃない?
なんて私は思うんだけれども。私だけ?
もしかすると医療従事者なら予防接種すれば100%かからないんでしょうか。




私と某お医者さんの会話です。


  昨年の新型騒動のときに喘息持ってる人って優先的に予防接種受けれましたけど
 呼吸器に障害のある人って接種要注意者になってますよね。
 そのあたり矛盾があると思うんですけど、先生はどう思われますか?

c0229019_1319212.jpg

参考:http://di.mt-pharma.co.jp/bif/annex/

先生

  もし喘息のある人がインフルエンザにかかって肺炎や悪化した場合などを考えて
 僕達は打ったほうがいいですよ。とは言いますが最終的にはご本人の判断ですね。


こういう会話をさせてもらいました。
危険性を考えて打つべきです!と強く言わないあたりが
このワクチンの真相なんじゃないでしょうか。

コチラの先生、安易にタミフルを処方しないので勉強されている方だとは思っています。
そんな先生でもお茶を濁したような返事しか返ってこない。


大事なのは予防接種じゃなくて、基本的な抵抗力と免疫力ですよね。
体温高めになるように工夫していますか?ビタミンはちゃんと摂取していますか?
睡眠は細切れでもなるべくとって、食事もきちんと食べましょう。
そう言ってくれる先生は本当に少数なんでしょうね・・・残念な事です。


参考までに、インフルエンザ添付書。
http://di.mt-pharma.co.jp/bif/annex/
読めば読むほど、打ったほうが良いって言う明確な理由が判らなくなると思います。

こう言う事、詳しく説明してもらって接種を「する」・「しない」を判断している
親御さんってどの程度いるんだろうか?
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
2011年 01月 15日 |
独裁政権が倒れましたね。

民主主義=善 独裁=悪 と思っている人は多い。
過去の独裁政権が圧制であったり、残酷なものであったならばなおさらだろう。

実際、独裁政権のTOPだった人達は圧制を敷き
残酷な事をした人ばかりがクローズアップされてきたように思う。
もしくはそのように振舞っていたと語り継がれているのかもしれない。


独裁政権って、TOPに立った人が独断で政治を動かすイメージだろうか。
では翻って、民主主義である今までの日本の政治はどうなんだろう。

やはりTOPにいる人達が好き勝手にやっているように思えるのは気のせいではないはず。
政治家を選ぶのは国民なのだけれど、国民が腑抜にされていたなら
まともな政治家を選ぶ事は出来ないだろうし
ソレは結果的に独裁と変わらない事を許す事に繋がっている。

独裁にも確かに問題点はあるだろう、でも民主主義が絶対に良いとも
言い切れないという事に気付かなくてははいけない。

その上で民主主義を望むのであれば、国民として馬鹿でいてはいけない。
日本は戦後の指導により、政治に集中する事ができない民族になりました。
3S政策によって娯楽が多くなり骨抜きになり堕落したのです。

よく3S政策といわれますが実際は3R5D3S政策です。
3Rが基本政策5Dが重点的政策であって3Sは補助的政策になります。


さて、こちらに簡潔にこれらの政策の説明が掲載されていましたので参考にどうぞ)
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060315
(国際金融資本家の政策ですが、一般的にはアメリカの占領政策と言われています)

3S政策については何度か書いておりますので割愛させてもらいますが
今日の記事で書きたいのは5Dの5番目です。

占領政策の中に民主化とあります。
日本においてなされた3R5D3S政策とチュニジアの民主化。
おや?

これからチュニジアは言論の自由と、平等、人権の旗印のもと
3S政策によって多くの国民は馬鹿になっていき
TOPに立つのは国際金融資本家に首紐をつけられた人達。
(どこかで見たことがありますね、この流れ。)

国民は腑抜にされ馬鹿になっていくのでTOPが誰であろうと構わなくなるし
例え馬鹿じゃない人がいても、民主主義は多数決なので
数の多いほうが勝つことになる。


自由と平等を旗印にした民主主義と言うものの本質がが果たしてなんなのか。
考えてもらえるきっかけになればと思います。


民主主義を貫きたいのならば、自分で考えて行動できる国民にならなくてはいけない。
多数決に勝つためには味方を増やさなくてはいけない。
おなじ事を考えてくれる人、行動してくれる人を増やしていかなくてはいけない。

負ければ将来、日本はただのかつてここは日本と言う国があったと言うだけの
地名に成り下がるでしょう。
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
by nihon2050 | 2011-01-15 12:43 | 保守 |
2011年 01月 13日 |
どいつもこいつも主義なんてない
日本を崩壊させるためのただの操り人形なんだから。

あの人があっち側なんて、わかってる人はとっくに判ってたでしょ。
ぱっと見判りにくいけど、手伝ってるあの人だってあっち側なんじゃないのかなー?

騒いでいるだけで満足してちゃダメ。
分析して次につなげましょう。


護国に燃える皆さん一緒に頑張ろうね。
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
by nihon2050 | 2011-01-13 12:37 | 雑記 |
2011年 01月 05日 |
世界政府って


混沌を作る側



混沌を逃れるための英雄となる側

必ず両方を自分達でコントロールしてますからね。
いわゆるマッチポンプってやつです。



保守の皆さんを見てると、後者にいいように振り回されてて
大変だなぁ・・・って思います。
すべて今まで受けた教育と、既存の価値観のせいなんですけど
全部一回忘れて、一つずつ自分の考える力だけで生理整頓してみたらどうでしょうか。
誰かが言った発言も、誰かに影響を受けたのかも全部忘れてみてください。


英雄として送られた手先は、真実とほんの少しの嘘(もしくはあと少しをばらさない事)で
私達をさらなる混沌へと誘導します。

ご注意ください。
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
by nihon2050 | 2011-01-05 13:26 | 保守 |
2011年 01月 01日 |
今年も無事新年を迎える事ができました。

昨年一年も、なんとかブログを更新し続けられたのは
みなさんのコメントのおかげです。
本当にありがとうございます。

昨年の1月はどんな日記を書いたかなぁ?と読み返してみたら
今年も書きたい内容でした。

日本の危機的状況はおそらくこの先も変わりません。
私はネットの規制が入るまでは、ネット上で
自分のやるべき事を粛々と続けて行けたらなと思っています。

真に伝えたい事は、このブログを書き始めた頃に
勢いに任せて色々と書いたので読んでみてください。

最初は受け入れられないかもしれません。
ですが、後に「この事だったのか」とかなにかしら
皆さんの頭の片隅に残るといいなと思います。


本年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

平成23年 元旦
[PR]


▼▼▼ブログランキング登録中▼▼▼

ポチっとしていただけると元気が出るかも
ページトップ
The Original by Sun&Moon